読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きのこカレーは青春を謳歌する

今から頑張る人の日記

タイでメガネを買おうとしたらちょっと怖かった話

チェンマイ 日常

昨日まさかの揺れでおびえてしまったきのこカレーでございます。

ミャンマー地震の影響だったのですが、タイで地震を経験するとは思っていなかった(そもそもその考えが間違っている)のと、ここチェンマイはそこまで揺れなかったので、最初は扇風機の風のせいで自分も揺れているのかと思いました。

ただ長かったのでやっぱりいろいろ思い出して怖かったです。建物丈夫なのかしらとか。

被害に遭った方々が一日でも早く日常に戻れますように。

 

さて目の話。私の視力は大変悪く、0.1もない(視力検査の一番上が見えない)ので、普段の生活でもメガネやコンタクトが欠かせません。

そのメガネなのですが、最近までかけていたものがどうも顔に合わず(幅が広く、お辞儀をすると床に転落することがある)、かけた時の自分の顔も気に入らず(顔が悪いという可能性も)、ずっと新しいのを買いたいと思っていました。ちなみにこれです。

f:id:kinokocurry:20160825200024j:plain

そこで「タイならむちゃくちゃ安いんじゃね?」と思った私は、夫とセントラルデパートというところへ物色しに行ったのです。

 

最初に見つけたメガネ屋さんを覗いていると、さっそく店員さんが話しかけてきました、タイ語で。

最近タイ人に間違えられることが時々あります。以前は中国人一択だったのですが、ちょっと日焼けしたからでしょうか。それとも観光客っぽくないようにと、短パンを穿かないようにしているからでしょうか。

まあとにかく「ジャパニーズよ」と伝え、お互いつたない英語で意志の疎通を図りながら見せてもらっていたのですが……。

店員が持ってくる商品がいちいち高くて、「こりゃ日本人だから金持ちとか勘違いしてるな。」と思い、「高すぎる」と申し上げて、結局2200バーツ(6600円くらい)の物を見つけることができました。ま、日本でもこのくらいの値段で買えるかとは思うのですが、どちらにしろメガネにしては安いし、満足していました。

次に視力検査を行い、やはり私の目はとっても悪いので、

「お客さ~ん、レンズ薄くしたいならちょっと高くなるよ~。」という展開になりました。まあこれは日本で買っても同じなので納得し、総額を聞いてみました。

すると提示された金額は、

27000バーツ=約81000円!!

びっくりした私は、

「いくらなんでもそりゃないでしょ、今かけてるこれね、日本で買ったけど、レンズ代高くなったけど7000円くらいよ?つーかフレームに付いてる値札が総額だと思ってたんだけど。」

と言いました。

すると店員、

「ディスカウントするよ!ジャーン!24000バーツ(約72000円)!え、まだ高い?じゃあもっと安いレンズあるよ!」

と、レンズのカタログを持ってきて説明し始めました。

もうこの時点でここで買うのやだなという気持ちになっていたのですが、なんというか、絶対帰さないよみたいな空気が流れていて、相手3人こちら2人で分も悪く、早く逃げ出したい一心でした。

結局あいつらは無料(フレーム代のみ)とか有料でも破格のレンズも扱っていたわけなのですが、きっと売り上げの何%とかを受け取る仕組みにでもなっているのでしょう、あくまでも高いのを売りつけようとしてくるのでいい加減頭にきて、とにかく無理だからごめん、無理だから、今日は買いませんから。と言い捨てて店を後にしました。

 

そしてその直後に見つけた小さなメガネ屋さん、690バーツの看板!!レンズ込みとのことでこちらでの購入を決意。結局「目が悪すぎてこの値段では無理」ってことでレンズ代がかかってしまったのですが、それでも総額2200バーツ(約6600円)で買うことができました。なんかどんぶり勘定っぽかったし、総額690が2200とは、だいぶ変わってしまったけれど、それでも安いので納得することにしました。

次の日に商品を取りに行き、さっそくかけてみると……あれ、前のメガネと同じ度数のはずだけどちょっとだけ、ちょっとだけ見えにくいような気もするけど……と戸惑っていると、新しいメガネだから、2時間くらいで慣れるから、と言われ、一応納得して帰宅しました。

確かに2時間ほどで目は慣れたのですが、やっぱり同じ度数(クオリティ)ではない……かもしれないです。でもちゃんと見えていて、特に支障はありません。

f:id:kinokocurry:20160825203244j:plain

 

というわけで、次にメガネを買う時はもっと慎重にしないといけない、と当たり前のことを学習したのでした。